妊活と不妊改善

お手軽な妊活で、
不妊改善と妊娠を!

亜鉛補給で、男性不妊と精子を改善しよう!

牡蠣で亜鉛を補給しよう

不妊治療をしている時に気になるのが、男性の精子の改善ですよね。いくら妊娠しようと頑張っても、「どうも、旦那の精子に問題が・・」となれば、当然ながら男性の協力も必要ですし、場合によっては男性の治療も必要です。

また、病院だけでなく、食事で元気にしたいと思った時に、よく聞く食品が「亜鉛」だと思います。ここでは、亜鉛と精子の関係について考えてみましょう!

亜鉛は、男性不妊改善のミネラル!

亜鉛は、男性にとって大切なミネラルです。タンパク質の合成や免疫力向上、生殖機能の発育・維持など色々な働きがあって、身体中の至る所にあります。体格にもよりますが、だいたい2~3グラムほどが体内にあります。

しかし、色々な働きを持つ大切な栄養なのに、体内では生成できません。そのため、生きていくのに必要な量は、食事などで体外から補給するしか手が無いのです。

ちょっと、不便ですよね。

亜鉛が不足すると、どうなるの?

男性に対する亜鉛を考えると、EDなどの勃起能力や、精子の製造などに関係します。そのため、慢性的に亜鉛が不足すると、男性の生殖機能(勃起力など)の減退や精子の質が低下するなど、妊娠に良くない状態になる可能性があります。

とくに、精子の運動率が悪かったり、精子数が少ない場合には、亜鉛が不足しないように、食事などで意識して摂取するのが良いですよ。

亜鉛を補給しよう!

気になる亜鉛ですが、もちろん、食べ物で補給することが出来ますよ。亜鉛を多く含む食品には、肉類や卵・ワカメ・昆布・納豆・レバーなど様々な食品があります。その中でも、お薦めなのが「牡蠣」です。意外と豊富な亜鉛を含んでいます。

ただ、そうは言っても、毎日、牡蠣を食べるというのは、お財布的にも厳しいですよね。手頃な値段で食べやすい物に「のり」があります。「のり」の亜鉛の量は牡蠣よりも少ないですが、値段もお手頃で、食事の時にも食べやすいですよね。

● 亜鉛の過剰摂取には、気をつけよう!

大切な亜鉛ですが、摂り過ぎも良くありません。意識して補給しようとサプリメントで補給したり、毎日のように牡蠣を大食いする場合は気をつけましょう!

一般的に、成人男性の亜鉛推奨量は、1日に9㎎ほどです。また、1日に30㎎を超える亜鉛を摂取するのは止めましょう。亜鉛の過剰摂取が長く続くと、肝臓障害や貧血などの弊害があります。亜鉛の吸収率が高いサプリメント等を使っている場合には、1日の摂取量に十分に気をつけて下さいね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ