妊娠するための生活改善と不妊治療

不妊症の治療と、
妊娠するための対策!

精子が原因の男性不妊

精子のトラブル

不妊は女性だけでなく、男性にも関係ありますよ!

男性不妊の中で一番多い不妊症が、精子のトラブルです。精子の数が少なかったり、精子がいないなどですね。新しい家族を授かるためにも、「おやっ、おかしいな?」と思ったら、病院で検査しましょう!

病院で、精子をチェックしよう!

病院での検査では、まず、精液検査を行ないます。1週間ほど禁欲した後に精液を採取して、精子の状態を調べます。健康な男性であれば、精液の量は2ml以上あり、1ccの精液に7000万から1億個の精子が存在し、70%以上の精子が活発に運動しているのが健康な状態です。

これに対して、精子の濃度が1ccあたりに2000万個以下だったり、精子の運動率が50%以下といった状態では、自然妊娠は難しいと考えられていますよ。

精子は、元気ですか?

精子が原因の男性不妊症は、造精機能障害と呼ばれています。これは、精巣など精子を作る機能に異常があって、精子をうまく作れないという不妊症ですね。この造精機能障害には色々な種類があって、その対処法も様々です。

● 精子がいない、無精子症

造精機能障害の中でも重い症状で、精液中に精子が一匹もいない状態です。ただ、精巣や精巣上体に精子が存在していれば、顕微授精などの不妊治療で受精させることが出来ますよ。ただ、精巣や精巣上体にも精子が1匹もいない場合には、非常に残念ですが妊娠することが出来ません。

● 精子の数が少ない?

精液中に精子はいるけれど、その数が少ないという障害です。精子の数が基準を少し下回る程度であれば、タイミング法などで受精の確立をあげます。また、精子の数が2000~3000万ほどなら人工授精、300万以下では体外受精、100万以下なら顕微授精という不妊治療があります。

● 精子に元気がない?

精子の数は正常なのに、製造された精子の運動率が悪い状態です。この場合には、その精子の状態により、人工授精や体外受精などの不妊治療を行ないます。

● 精子の形が変なの?

奇形の精子が多い状態です。この場合の不妊治療としては、正常な精子だけを選んで、体外受精や顕微受精で受精卵を手に入れて妊娠を促します。

● 彼の愛が分からない。男の人の心ってどうなってるの?

● まずは、一人目の赤ちゃんを授かろう!

● 一人目は妊娠したけど、二人目がなかなか授からないときは?

● 35歳を過ぎてるけど、頑張って妊娠したい!

● じつは、妊活・妊娠中は、葉酸という栄養が大切なんです。

● 男の子や女の子の産み分けって、できるの?

よろしくお願いします!

じつは、ブログ村とブログランキングに参加しています。もし、「まあ、良かったよ」と思われましたら、是非、それぞれ1クリックしてもらえると、とっても励みになります!

気持よく1クリックして頂けると、「あっ、この記事が投票されてる。役に立ったんだぁ!」と喜びますし、新しい記事を書く励みにもなるんです!

あなたの清き1クリックを、宜しくお願いします!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ     

サブコンテンツ

このページの先頭へ