妊娠するための生活改善と不妊治療

不妊症の治療と、
妊娠するための対策!

不妊検査の費用

「全然、赤ちゃんができないよ。一度、病院で不妊検査しようかな?」と思った時に、気になるのが病院でかかる不妊検査の費用ですよね。

病院では医療保険が使えますので、一般的な不妊検査や不妊治療であれば、治療費もそこまで高額にはならないと思います。ただ、なかなか妊娠できずに不妊治療の期間が長くなったり、一部の高度生殖医療では保険が効かない場合があります。

そんな気になる治療費を、ざっと見ていきましょう!

女性の不妊検査と費用

● 初診費用

初めて病院に行った時に行われる問診や視診・触診などの一般的な検査です。費用としては、だいたい800円~1000円ほどです。

● 血液検査

女性の不妊検査では、その時の月経周期によって体内のホルモン量などを調べます。ただ、妊娠に関係するホルモンの種類が多いので、検査費用も調べるホルモンの種類や数によって変わります。だいたい2千円~2万円くらいが目安です。

● 超音波検査

プローブという医療機器を使って、卵巣や子宮に異常がないかを調べる一般的な不妊検査です。費用も2千円前後とお手軽になっています。

● 子宮内膜組織検査

子宮の内膜組織を採取して、子宮内膜の状態などを調べます。検査費用が高くなりそうな検査に思えますが、費用はだいたい2千円前後とお手軽です。

● 子宮卵管造影検査

子宮に医療用チューブを挿入して、造影剤を流し込みます。その造影剤の様子を観察して、不妊原因がないか検査します。費用は、だいたい6千円~8千円ほどです。

● 子宮鏡や卵管鏡検査

小さい内視鏡を子宮内に入れて、子宮内を視診します。異常が無いかを直接確認できるので、小さな異常も見つけやすいです。費用は、だいたい2万円前後です。

男性の不妊検査と費用

● 初診費用

男性も初めての場合は、生殖器に異常がないか、不妊の原因になるようなことが無いかなどの問診や視診・触診があります。費用は、だいたい800円前後です。

● 血液検査

男性の場合も、女性と同じように、ホルモンに異常がないかなどを検査する事があります。検査費用ですが、調べるホルモンの種類や数によって変わってきますので、だいたい2千円~2万円くらいが目安になります。

● 精液検査

精液を採取して、精子の数や奇形率などを検査します。もし、精液に異常があれば、この検査で発見できます。ただ、精液を採取してから2時間以内に検査する必要があるので、精液は病院で採取します。検査費用は2千円~1万円ほどです。

※ 記事中の検査費用については、大体の金額を表示しています。そのため、病院によって変動があったり、新しい検査方法に変わっている場合があります。正確な検査費用については、検査前に、病院のお医者様にしっかりと確認されて下さいね。

● 彼の愛が分からない。男の人の心ってどうなってるの?

● まずは、一人目の赤ちゃんを授かろう!

● 一人目は妊娠したけど、二人目がなかなか授からないときは?

● 35歳を過ぎてるけど、頑張って妊娠したい!

● じつは、妊活・妊娠中は、葉酸という栄養が大切なんです。

● 男の子や女の子の産み分けって、できるの?

よろしくお願いします!

じつは、ブログ村とブログランキングに参加しています。もし、「まあ、良かったよ」と思われましたら、是非、それぞれ1クリックしてもらえると、とっても励みになります!

気持よく1クリックして頂けると、「あっ、この記事が投票されてる。役に立ったんだぁ!」と喜びますし、新しい記事を書く励みにもなるんです!

あなたの清き1クリックを、宜しくお願いします!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ     

サブコンテンツ

このページの先頭へ