妊娠するための生活改善と不妊治療

不妊症の治療と、
妊娠するための対策!

男性不妊と顕微授精

男性不妊だと、赤ちゃんが作れないことがあります!

どうしようもないのが、無精子症です。これは正常な精子がいなかったり、そもそも精子の製造に問題があったりなど、受精に必要な精子が無い状態です。ただ、精巣に正常な精子が残っていれば、この精子を採取して妊娠することが出来ます。

早速ですが、顕微授精について見ていきましょう。

顕微授精での不妊治療

たとえ男性不妊だったとしても、妊娠するために必要な正常な精子が少しでも残っていれば、その精子を採取して受精卵を手に入れることが出来ます。男性の方も、不妊だからといって諦めないで下さいね。頑張りましょう。

● 顕微授精の流れ

1,排卵誘発剤などを使って卵子を育てた後に採卵します。

2,採精して、妊娠に適した正常な精子を選びます。

3,顕微鏡を使って、精子を卵子に直接注入して受精卵にします。

4,受精卵が良好な状態まで分割した後に、子宮に移植します。

精子を取得する採精ですが、無精子症などの場合ですと、精巣から直接採取する場合もあります。男性的には、さすがに及び腰になるかも知れませんが、可愛い赤ちゃんを授かるための関門です。気後れせずに、是非、頑張ってください!

● 彼の愛が分からない。男の人の心ってどうなってるの?

● まずは、一人目の赤ちゃんを授かろう!

● 一人目は妊娠したけど、二人目がなかなか授からないときは?

● 35歳を過ぎてるけど、頑張って妊娠したい!

● じつは、妊活・妊娠中は、葉酸という栄養が大切なんです。

● 男の子や女の子の産み分けって、できるの?

よろしくお願いします!

じつは、ブログ村とブログランキングに参加しています。もし、「まあ、良かったよ」と思われましたら、是非、それぞれ1クリックしてもらえると、とっても励みになります!

気持よく1クリックして頂けると、「あっ、この記事が投票されてる。役に立ったんだぁ!」と喜びますし、新しい記事を書く励みにもなるんです!

あなたの清き1クリックを、宜しくお願いします!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ     

サブコンテンツ

このページの先頭へ