妊娠するための生活改善と不妊治療

不妊症の治療と、
妊娠するための対策!

精子が少ないときは、顕微授精で妊娠しよう

精子の質が悪いとき

男性にも、不妊症はありますよ!

男性不妊の中でも、かなりキツイのが無精子症という不妊です。この不妊症は、そもそも精子の製造に問題があって満足な量の精子を作れない場合や、精子の奇形率が高かったり、運動率が低くて受精に適さない精子が多い場合などがあります。

また、正常に精子が作られていても、EDや射精障害など他の原因で自然妊娠することが難しい場合も不妊の原因になります。

精子が少なくても、顕微授精がある!

精子の問題で自然妊娠が難しい夫婦も、妊娠を諦める必要はありませんよ!

もし、男性の精巣 (精子を作る器官) に少しでも正常な精子が残っていれば、この精子を採取して、卵子と掛け合わせて受精卵を手に入れることができます。もし、うまく受精卵ができれば、これを子宮に移して妊娠することも可能です。

この手の不妊治療でよく使われるのが、顕微授精という治療法です。

顕微授精で、受精卵を手に入れるまで!

正常な精子が少ない場合は、顕微授精で受精卵を手に入れるのが一般的です。ただ、顕微授精といっても万能ではなく、男性に正常な精子が全くいない場合は、そもそも顕微授精することができないので受精卵を手に入れることは無理です。

逆に言えば、男性に少しでも元気な精子がいれば、顕微授精で受精卵を手に入れて妊娠することも十分に期待できますよ。

● おおまかな顕微授精の流れ

1,排卵誘発剤などを使って、卵子を育てた後に採卵します。

2,男性から採精して、妊娠に適した元気な精子を選びます。

3,顕微鏡を使って、卵子に精子を直接注入して受精卵にします。

4,受精卵が良好な状態まで分割した後に、子宮に移植します。

精子を採取する採精ですが、無精子症などの場合は精巣から直接採取する場合があります。

「直接採取って、何なの!? 痛いよね??」

・・・という感じで、さすがに男性も及び腰になるかも知れませんが、可愛い赤ちゃんを授かるかどうかの瀬戸際です。

それに、女性も色々な不妊検査を男性以上に頑張っています。男性の方も気後れせずに、妊娠に向かって気合で頑張ってくださいね!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ