妊娠するための生活改善と不妊治療

不妊症の治療と、
妊娠するための対策!

男性不妊でも、手術が必要な時ってあるの?

手術で治る男性不妊症

男性でも、原因や症状によっては手術をする場合がありますよ。

これを聞いて男性の中には「えっ、デリケートな部分の手術はちょっと待って。・・だって、痛そうだし。。」と怯む男性も居ると思います。

だが、敢えて言わせてもらうと「女性が不妊治療を頑張って、妊娠しようとしてるなら、男性も覚悟を決めよう!」ですよ。・・というわけで、男性不妊の手術について見ていきましょう!

手術で治る男性不妊症!

男性不妊で手術を行う場合ですが、その症状として多いのが精索静脈瘤・精路の閉塞、妊娠のための精子の回収です。

● 静脈に瘤ができる精索静脈瘤

精索静脈瘤というのは、精巣から心臓に戻る静脈(蔓状静脈叢)の血液が逆流して、精巣の周りに静脈の瘤(こぶ)ができている状態です。治療に訪れる男性で見ると、3割くらいの確立で精索静脈瘤が見つけられます。

この精索静脈瘤の治療では、内精索静脈の部分を糸でしばって内精索静脈を遮断します。そうすると、人間の体内では、この詰まった血管の代わりに近くに新しい血管を作って自然治癒しようとします。結果、精索静脈の流れも正常に戻ります。

● 精路が詰まる閉塞性無精子症

閉塞性無精子症とは、精巣内で正常に精子が作られているけれど、精路が詰まっているために精液中に精子がいない状態です。ただ、閉塞性無精子症になる確率は、男性全体でみてだいたい2%ほどと多くはありません。

この閉塞性無精子症の治療では、詰まっている精路を治療して精子が通れるようにします。具体的な治療法としては、精管同士をつなぎ直したり、精管と精巣上体をつないだり、詰まった場所を切開して開通させるなどがあります。

● 精子を取り出す精巣内精子回収術

正常な精子がほとんどいなかったり、無精子症の場合で妊娠を望む場合には、精巣内精子回収術を行います。これは、正常な精子を入手するために、精巣を切開して精細管から精子を直接採取するという治療です。

無事に正常な精子が採取できれば、顕微授精などで妊娠にチャレンジします。ただ、精巣を切開するので、男性には心理的な抵抗が高いかもしれませんね・・。

 妊娠するときは、最高の体調だよ!

妊娠と出産は、女性にとって重要なイベントです!

妊娠だけでなく、お腹の中で赤ちゃんを元気に育て、しっかりと出産して、ようやく新しい家族である赤ちゃんを手に抱くことがでます!

kodakara

● 妊娠・出産も、栄養が大切!

女性の体に必要な栄養が足りていないと、不妊体質になるだけでなく、妊娠した時に、お腹の中で赤ちゃんを元気に育てられません。

妊娠する栄養を、しっかりと!
イソラコン葉酸プラス

● 高齢でも、妊娠したい!

女性も35歳を過ぎると、妊娠力が落ちて不妊になりやすくなります。そんな時は、年齢に合った栄養を補給して、不妊を克服しましょう。

年齢で対策して、妊娠率も急上昇!

● 妊娠しやすい生活習慣は、とても大切です!

妊娠に良い栄養を取っても、日々の生活が不規則だと不妊になる確率が上がります。1日も早く妊娠するためにも、体に良い健康的な生活を送りましょう!

→ 不妊に負けないで、妊娠力を上げる方法!

→ 35歳以上の高齢でも、赤ちゃんを産もう!

→ 男女を産み分けするコツ!

栄養と妊娠生活で、不妊改善も間違いなしです!

 男性不妊の悩みも、解決できます!

男性の悩みは、大きく2つに分かれると思います。

まず、大事な時に下のほうが元気にならない。次に、行為はできるけど、精子の問題などで妊娠させられないです。

● 男性も、栄養が大切です!

女性だけでなく、男性も状態に合った栄養が必要です。赤ちゃんのもとを、しっかりと元気にしましょう。

妊娠は、夫婦の共同作業です!

● 下の元気が無くなってきた男性は!

男性の活力は、年齢とともに低下します。それとともに、下のほうの元気や持続力も無くなります。困った時は、必要な栄養をピンポイントで補給しましょう。

GHプレミアム

● 元気が足りないときは、マッサージも効果的!

男性不妊でよく見られる勃起不全や中折れの悩みに、切って離せないのが自律神経です。この自律神経が不調だと、健康な人でも元気のない状態になります。お手軽なマッサージで、気軽に自律神経も元気にしましょう。

→ ED・中折れを改善して、妊娠させよう!

お手軽なので、気軽に始めやすいですよ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ