妊娠するための生活改善と不妊治療

不妊症の治療と、
妊娠するための対策!

二人目不妊になる確率

最近、二人目不妊で悩むご夫婦が増えてきましたね。

とくに、不妊でお悩みのご夫婦の2~3割もの方が、二人目不妊に悩んでいる現状には驚きを隠せません。日本の少子高齢化という社会問題も、正常な妊娠・出産が減少しているからこそ引き起こされています。

そして、一人目を妊娠・出差した後に、二人目不妊になってしまう確立はどのくらいあるのでしょうか。じつは、この二人目不妊になる確立ですが、女性の年齢が一番大事なポイントになってきます。

二人目不妊の原因と確立

二人目不妊の原因として多いのが、女性の高齢化による妊娠力の低下です。女性の場合は、だいたい35~38歳を過ぎた辺りから、卵子の老化が急に早まってきます。そのため、卵子の老化と一緒に、受精率・子宮への着床率も下がってきます。

このような原因から、二人目不妊になる確率は女性の年齢でだいぶ違ってきます。20代の女性で、不妊に悩まずに一人目を無事に妊娠・出産できたのであれば、多くの場合では、二人目も難なく自然に授かります。

ただ、女性が二人目を望んだ時に、すでに30代後半など高齢であれば、妊娠に関係する体の器官が老化している分だけ、二人目不妊の確立も上がってきますよ。

● 彼の愛が分からない。男の人の心ってどうなってるの?

● まずは、一人目の赤ちゃんを授かろう!

● 一人目は妊娠したけど、二人目がなかなか授からないときは?

● 35歳を過ぎてるけど、頑張って妊娠したい!

● じつは、妊活・妊娠中は、葉酸という栄養が大切なんです。

● 男の子や女の子の産み分けって、できるの?

よろしくお願いします!

じつは、ブログ村とブログランキングに参加しています。もし、「まあ、良かったよ」と思われましたら、是非、それぞれ1クリックしてもらえると、とっても励みになります!

気持よく1クリックして頂けると、「あっ、この記事が投票されてる。役に立ったんだぁ!」と喜びますし、新しい記事を書く励みにもなるんです!

あなたの清き1クリックを、宜しくお願いします!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ     

サブコンテンツ

このページの先頭へ