妊娠するための生活改善と不妊治療

不妊症の治療と、
妊娠するための対策!

二人目不妊と嫉妬心

二人目不妊の期間が長く苦しいと、どうしても、嫉妬心が芽生えますよね。

とくに子沢山な友人が身近にいると、自分の二人目不妊という境遇が際立ってくる感じがするかもしれません。この嫉妬心という感情は、人なら誰でも持っている心で、もし嫉妬しても「私の心は、弱いのかな・・」と悲観する必要はありませんよ。

ここで問題なのは、嫉妬心を直接ぶつけて友人との関係に溝ができたり、嫉妬心が溜まりすぎて過度のストレス状態になることです。そうなってしまうと、日常関係がギクシャクしてきたり、ストレスでさらに不妊になる可能性がありますよ。

嫉妬心を、吐き出そう

嫉妬心とは上手く付き合って、妊娠の邪魔にならないように制御することが大切です。たとえば、嫉妬心が溜まって自制できなくなる前に、旦那さんや友人に話を聞いてもらいましょう。とくに旦那さんなら、気兼ねなく話せるはずですよね。

また、自分の母親に話を聞いてもらうのもひとつの手です。どんな母親でも、自分の娘が苦しんでいるのであれば、娘の話くらいはじっくり聞いてくれます。そして、人に話して感情を開放することで、嫉妬心も少しづつ和らいでいくはずです。

大切なのは、嫉妬心を溜めすぎないことですよ!

● 彼の愛が分からない。男の人の心ってどうなってるの?

● まずは、一人目の赤ちゃんを授かろう!

● 一人目は妊娠したけど、二人目がなかなか授からないときは?

● 35歳を過ぎてるけど、頑張って妊娠したい!

● じつは、妊活・妊娠中は、葉酸という栄養が大切なんです。

● 男の子や女の子の産み分けって、できるの?

よろしくお願いします!

じつは、ブログ村とブログランキングに参加しています。もし、「まあ、良かったよ」と思われましたら、是非、それぞれ1クリックしてもらえると、とっても励みになります!

気持よく1クリックして頂けると、「あっ、この記事が投票されてる。役に立ったんだぁ!」と喜びますし、新しい記事を書く励みにもなるんです!

あなたの清き1クリックを、宜しくお願いします!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ     

サブコンテンツ

このページの先頭へ