妊娠するための生活改善と不妊治療

不妊症の治療と、
妊娠するための対策!

不育症と流産

流産と不育症

妊娠している女性にとって、天敵ともいえるのが不育症です。

まず、妊娠するためには、夫婦の愛の結晶である受精卵が、頑張ってお母さんの子宮に着床して根付く必要があります。その後、お腹の中で栄養をもらいながら、この世に生まれてこようと、一生懸命に赤ちゃんの姿へと成長していくのです。

ただ、頑張ってお母さんの子宮に着床できた幸運な受精卵でも、その後、元気に成長できなかったり、成長が途中で止まることがあります。これが、多くの妊婦さんを苦しめる不育症という不妊なんです。

どうして、流産になるの?

せっかく、新しい家族になる赤ちゃんを授かったのに、流産なんてとても悲しいですよね。この流産になる原因には、母親である母体に原因がある場合と、受精卵である赤ちゃん自身に問題がある場合があります。

お母さんが原因の流産

流産になるお母さんの原因としては、お酒をたくさん飲んだり、かなり激しい運動をしたりなどの悪い日常生活があります。また、不妊の原因とも言われる子宮奇形や子宮筋腫、ちょっと難しい言葉ですが「高プロラクチン血症」なども考えられます。日常生活はあなたが頑張って、不妊症のほうは産婦人科で診てもらいましょう。

また、それだけでなく、歩いて転んだり、交通事故などの防ぎようがない流産もあります。日常生活の不摂生で流産したのならともかく、事故などで流産したら悲しんでも悲しみきれませんよね。そこは神さまにお願いして、せめて、妊娠中の不摂生だけは止めましょう。赤ちゃんのためにも!

赤ちゃんが原因の流産

流産を全体的に見ると、お母さんよりも、赤ちゃんが原因で流産することが多いです。この赤ちゃんが原因の流産ですが、多くの場合、成長不良が原因です。

少し難しくなりますが、赤ちゃんが育たない悲しい原因としては、成長するために必要な染色体に異常がある場合です。たとえば、最初の頃は、お母さんのお腹の中で元気に育つのに、細胞分裂して成長している時に、染色体に異常が出ることがあります。こうなると、赤ちゃんが元気に産まれるほど成長できずに流産となります。

う~ん、やっぱり難しいですね。

● 彼の愛が分からない。男の人の心ってどうなってるの?

● まずは、一人目の赤ちゃんを授かろう!

● 一人目は妊娠したけど、二人目がなかなか授からないときは?

● 35歳を過ぎてるけど、頑張って妊娠したい!

● じつは、妊活・妊娠中は、葉酸という栄養が大切なんです。

● 男の子や女の子の産み分けって、できるの?

よろしくお願いします!

じつは、ブログ村とブログランキングに参加しています。もし、「まあ、良かったよ」と思われましたら、是非、それぞれ1クリックしてもらえると、とっても励みになります!

気持よく1クリックして頂けると、「あっ、この記事が投票されてる。役に立ったんだぁ!」と喜びますし、新しい記事を書く励みにもなるんです!

あなたの清き1クリックを、宜しくお願いします!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ     

サブコンテンツ

このページの先頭へ