妊活と不妊改善

お手軽な妊活で、
不妊改善と妊娠を!

二人目不妊の原因に多いのが、卵管のトラブル!

二人目不妊の原因と治療

一人目は、何の問題もなく妊娠・出産できた!

「さあ、二人目を授かろう!」という時に、なかなか二人目が授かれないのが二人目不妊です。これは家族計画を狂わせる現象で知られており、子宝に悩まれるご夫婦の3割近くが二人目不妊という多さです。

二人目が授からない原因は?

二人目不妊にも、それなりの理由と原因があります。とくに原因として多いのが、女性の高齢化や卵管が詰まっている場合です。卵管が詰まっていると、当然ながら、精子と卵子が巡り合わないため妊娠どころか受精卵さえできません。

● 卵管狭窄

卵管狭窄とは、卵管が狭くなっている状態です。完全に詰まっているわけではありませんが、どれだけ卵管が狭くなっているかで妊娠の確立にも影響してきます。

● 卵管閉塞

卵管閉塞とは、卵管が完全に詰まっている状態です。もちろん、卵管が詰まっているので精子と卵子が巡り会えずに、どんなに頑張っても自然妊娠はできません。

二人目不妊になった時の治療法!

卵管の詰まり具合を調べるために、卵管造影検査や通水検査という検査を行います。まず、卵管造影検査では、造影剤を卵管に流して検査します。また、通水検査では、生理食塩水などを卵管に流して、その水圧の変化で検査します。

そして、この検査の良い所ですが、卵管の詰まり具合が軽い場合には、造影剤や生理食塩水を流した時に、卵管の詰まりも一緒に流れて治ることも多いです。

● 検査で治らなかったら!

卵管造影検査や通水検査でも卵管の詰まりが治らない場合には、卵管を広げる簡単な手術をします。ただ、女性の年齢が38歳以上など自然妊娠するのに厳しい場合には、体外受精なども選択肢になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ