妊活と不妊改善

お手軽な妊活で、
不妊改善と妊娠を!

二人目不妊の原因も、色々あるんですよ!

二人目不妊の悩み

二人目不妊という言葉がありますよね。

一人目は、何の問題もなく妊娠して出産できた。そして、「赤ちゃんも育ってきたから、そろそろ二人目を作ろうかな!」と夫婦で頑張っているのに、ぜんぜん二人目が妊娠できないという不妊症です。

どうして、一人目は何の問題もなく妊娠・出産できたのに、二人目が授かれない状況になるのでしょうか。二人目で、いきなり不妊になってしまうこの状況には、「家族計画が狂っちゃうよ!?」と多くのご夫婦がお悩みになっています。

二人目が授からない色々な原因!

一人目は問題なく妊娠・出産したのに、二人目からは授かれない原因ですが、この原因には意外と多くの要因が絡んできます。

● 年齢の問題

一人目の時は、体も充実して妊娠の確立も高かった。しかし、二人目の時には、既に体のピークを過ぎている状態です。女性の場合は、だいたい35歳を過ぎると、卵子の老化減少が急激に進んで、妊娠の成功率も急に下がってきます。

● 一人目の出産が原因の場合

一人目を出産するときに、帝王切開で子宮にダメージが残っていたり、分娩時に感染症になったり、出産後にクラミジアなどの性病に感染して、卵管が詰まっている場合もあります。また、子宮内膜症の悪化の場合もあります。

● ストレスが原因の場合

子供が出来ると、生活環境もだいぶ変わってきます。育児ノイローゼという言葉があるように、子供を育てていると、自分か気づかない内にストレスが溜まって、体調が変化している場合もありますよ。

もし「二人目が、ぜんぜん授からない!」と思ったら、夫婦で悩むよりも、まずは、産婦人科で診てもらいましょう。時間が経てば立つほど、女性の年齢による不妊確立も高くなってしまいますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ