妊娠するための生活改善と不妊治療

不妊症の治療と、
妊娠するための対策!

高齢だと、妊娠率は下がる

妊娠率と年齢の関係

妊娠を希望するときに、どうしても気になるのが年齢ですよね。20代の女性なら、とくに悩む必要もないかもしれませんが、さすがに30代以上の高齢になってくると、子宮などの老化現象も起きてきます。そうすると、妊娠率や出産の心配もありますよね。

早速ですが、気になる高齢と妊娠のお話です!

高齢と不妊って、関係あるの?

人にとって、さけて通れないのが老化現象です。こんな話、好きで聞きたい方はいないと思いますが、どうしても避けて通れない現実です。残念ながら、高齢になるほどに、身体の能力は低下しますよね。妊娠率にも同じことが言えるのです。

気になる妊娠しやすい年齢ですが、女性が一番元気に妊娠・出産できるのが20代です。この年齢ですと、妊娠に必要な器官も十分に成熟していますし、体力的にも申し分ありません。また、不妊症の発症率も低いと言われています。

素敵な人と巡り合えるかなど運命的な問題もありますが、出来れば、第一子だけでも、身体が充実している20代のうちに出産しておくのがベストですよ。

30歳からの高齢出産は、注意しよう!

いきなり「30代は、高齢じゃない!」と、お叱りを受けるかもしれませんが、妊娠に関するお話ということで、ここは一つご容赦下さいね。

さて、30歳からの高齢妊娠ですが、この辺りから身体的な問題が出始めます。まず、卵管炎、子宮筋腫、子宮内膜症などの不妊症の発症率も上がってきますし、卵管が細くなって妊娠しづらくなる危険性も出てきます。また、子宮筋腫が大きくなり、受精卵の着床に障害が出ることもあります。

不妊の症状にもよりますが、場合によっては、不妊治療を受けながら妊娠にチャレンジする必要もあります。焦らずに、一歩ずつ妊娠を目指していきましょうね。

● 35歳からの高齢妊娠は、十分に注意しよう!

女性の年齢が35歳を越えると、今まで以上に妊娠の成功率もぐぐっと低くなります。また、そればかりでなく、体力的な問題から流産の危険性も上がります。この年齢から高齢出産する場合には、産婦人科との連携を大切にして下さいね。

● 彼の愛が分からない。男の人の心ってどうなってるの?

● まずは、一人目の赤ちゃんを授かろう!

● 一人目は妊娠したけど、二人目がなかなか授からないときは?

● 35歳を過ぎてるけど、頑張って妊娠したい!

● じつは、妊活・妊娠中は、葉酸という栄養が大切なんです。

● 男の子や女の子の産み分けって、できるの?

よろしくお願いします!

じつは、ブログ村とブログランキングに参加しています。もし、「まあ、良かったよ」と思われましたら、是非、それぞれ1クリックしてもらえると、とっても励みになります!

気持よく1クリックして頂けると、「あっ、この記事が投票されてる。役に立ったんだぁ!」と喜びますし、新しい記事を書く励みにもなるんです!

あなたの清き1クリックを、宜しくお願いします!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ     

サブコンテンツ

このページの先頭へ