妊娠するための生活改善と不妊治療

不妊症の治療と、
妊娠するための対策!

なぜ、高齢だと不妊になりやすいの?

高齢妊娠と出産

妊娠を希望するときに、どうしても気になるのが年齢ですよね。20代の女性なら、とくに悩む必要もないかもしれませんが、さすがに30代以上の高齢になってくると、子宮などの老化現象も起きてきます。そうすると、不妊症の心配もありますよね。

早速ですが、気になる高齢不妊のお話です!

高齢と不妊って、関係あるの?

人にとって、さけて通れないのが老化現象です。こんな話、好きで聞きたい方はいないと思いますが、どうしても避けて通れない現実です。残念ながら、高齢になるほどに、身体の能力は低下しますよね。生殖力にも同じことが言えるのです。

気になる妊娠しやすい年齢ですが、女性が一番元気に妊娠・出産できるのが20代です。この年齢ですと、関係のある必要な器官も十分に成熟していますし、体力的にも申し分ありません。また、不妊症の発症率も低いと言われています。

素敵な人と巡り合えるかなど運命的な問題もありますが、出来れば、第一子だけでも、身体が充実している20代のうちに出産しておくのがベストですよ。

30歳からの高齢出産は、注意しよう!

いきなり「30代は、高齢じゃない!」と、お叱りを受けるかもしれませんが、出産に関するお話ということで、ここは一つご容赦下さいね。

さて、30歳からの高齢出産ですが、この辺りから身体的な問題が出始めます。まず、卵管炎、子宮筋腫、子宮内膜症などの不妊症の発症率も上がってきますし、卵管が細くなって妊娠しづらくなる危険性も出てきます。また、子宮筋腫が大きくなり、受精卵の着床に障害が出ることもあります。

不妊の症状にもよりますが、場合によっては、不妊治療を受けながら高齢出産にチャレンジする必要もあります。焦らずに、一歩ずつ前進していきましょうね。

● 35歳からの高齢妊娠は、十分に注意しよう!

女性の年齢が35歳を越えると、今まで以上に妊娠の成功率もぐぐっと低くなります。また、そればかりでなく、体力的な問題から流産の危険性も上がります。この年齢から高齢出産する場合には、産婦人科との連携を大切にして下さいね。

 妊娠するときは、最高の体調だよ!

妊娠と出産は、女性にとって重要なイベントです!

妊娠だけでなく、お腹の中で赤ちゃんを元気に育て、しっかりと出産して、ようやく新しい家族である赤ちゃんを手に抱くことがでます!

kodakara

● 妊娠・出産も、栄養が大切!

女性の体に必要な栄養が足りていないと、不妊体質になるだけでなく、妊娠した時に、お腹の中で赤ちゃんを元気に育てられません。

妊娠する栄養を、しっかりと!
イソラコン葉酸プラス

● 高齢でも、不妊に負けない!

女性も35歳を過ぎると、妊娠力が落ちて不妊になりやすくなります。そんな時は、年齢に合った栄養を補給して、不妊を克服しましょう。

年齢で対策して、妊娠率も急上昇!

● 妊娠しやすい生活習慣は、とても大切です!

妊娠に良い栄養を取っても、日々の生活が不規則だと不妊になる確率が上がります。1日も早く妊娠するために、妊娠しやすい生活を送りましょう!

→ 不妊に負けないで、妊娠力を上げる方法!

→ 35歳以上の高齢でも、不妊に負けない!

→ 男女を産み分けするコツ!

栄養と妊娠生活で、不妊改善も間違いなしです!

 男性不妊の悩みも、解決できます!

男性不妊の悩みは、大きく2つに分かれると思います。

まず、大事な時に下のほうが元気にならない。次に、行為はできるけど、精子の問題などで妊娠させられないです。

● 男性不妊も、栄養が大切です!

女性だけでなく、男性も状態に合った栄養が必要です。赤ちゃんのもとを、しっかりと元気にしましょう。

妊娠は、夫婦の共同作業です!

● 下の元気が無くなってきた男性は!

男性の活力は、年齢とともに低下します。それとともに、下のほうの元気や持続力も無くなります。困った時は、必要な栄養をピンポイントで補給しましょう。

GHプレミアム

● 元気が足りないときは、マッサージも効果的!

男性不妊でよく見られる勃起不全や中折れの悩みに、切って離せないのが自律神経です。この自律神経が不調だと、健康な人でも元気のない状態になります。お手軽なマッサージで、気軽に自律神経も元気にしましょう。

→ ED・中折れを改善して、妊娠させよう!

お手軽なので、気軽に始めやすいです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ