妊娠するための生活改善と不妊治療

不妊症の治療と、
妊娠するための対策!

免疫性不妊症の精子不動化抗体や精子凝集抗体

免疫が原因の不妊症

私達の体には、病原菌などから体を守る免疫機能があります。ただ、この免疫機能が間違って働くと、妊娠を希望する女性にとって大変なことになります。

まず、赤ちゃんを授かるには受精卵が絶対に必要です。そして、受精卵は、卵子と精子が結ばれてできます。もし、ここで、女性の体内に侵入してきた精子を、免疫機能が異物と判断するとどうなると思いますか?

そうです。あなたの思うとおり、精子よりも免疫機能の方がはるかに強いので、精子はどんどん無力化されていきます。そうすると、受精卵どころの話ではなくなって、不妊の原因にもなってしまいます。

精子を攻撃する免疫について!

● 女性が原因の場合

少し難しい話ですが、女性の体内で精子を排除する抗体が作られると、精子の通り道に抗体が分泌されてしまいます。そうすると、卵子を目指して泳ぐ精子たちが、卵子に着く前にほぼ全滅してしまい、精子と卵子が出会えなくなります。

● 男性に抗体がある場合も!

女性だけでなく、男性でも抗体が作られることがあります。「えっ、精子は男性の体の一部じゃないの?」と思われますよね。たしかにそうなのですが、男性が今までに病気やケガなどで精子が精管の外に出たとします。そうすると、いつもいない場所に精子がいるので、「これは、異物だ!」と免疫が勘違いしてしまうのです。

抗体による不妊を改善したい!

● 精子を攻撃する抗体の種類

不妊の原因になる抗体の種類ですが、精子を動けなくする精子不動化抗体、精子を固めてしまう精子凝集抗体などがあります。その中でも、精子不動化抗体の方が悪化しやすく、この場合の不妊治療も難しいです。

● それでも、妊娠するためには!

免疫性不妊での女性側の治療としては、まず、4~6ヶ月ほど精子との接触を断ちます。そして、抗体が減少したころに夫婦生活を持ちます。また、これでも不妊改善が困難な場合には、人工授精や体外受精もあるので決して諦めないで下さいね!

 妊娠するときは、最高の体調だよ!

妊娠と出産は、女性にとって重要なイベントです!

妊娠だけでなく、お腹の中で赤ちゃんを元気に育て、しっかりと出産して、ようやく新しい家族である赤ちゃんを手に抱くことがでます!

kodakara

● 妊娠・出産も、栄養が大切!

女性の体に必要な栄養が足りていないと、不妊体質になるだけでなく、妊娠した時に、お腹の中で赤ちゃんを元気に育てられません。

妊娠する栄養を、しっかりと!
イソラコン葉酸プラス

● 高齢でも、不妊に負けない!

女性も35歳を過ぎると、妊娠力が落ちて不妊になりやすくなります。そんな時は、年齢に合った栄養を補給して、不妊を克服しましょう。

年齢で対策して、妊娠率も急上昇!

● 妊娠しやすい生活習慣は、とても大切です!

妊娠に良い栄養を取っても、日々の生活が不規則だと不妊になる確率が上がります。1日も早く妊娠するために、妊娠しやすい生活を送りましょう!

→ 不妊に負けないで、妊娠力を上げる方法!

→ 35歳以上の高齢でも、不妊に負けない!

→ 男女を産み分けするコツ!

栄養と妊娠生活で、不妊改善も間違いなしです!

 男性不妊の悩みも、解決できます!

男性不妊の悩みは、大きく2つに分かれると思います。

まず、大事な時に下のほうが元気にならない。次に、行為はできるけど、精子の問題などで妊娠させられないです。

● 男性不妊も、栄養が大切です!

女性だけでなく、男性も状態に合った栄養が必要です。赤ちゃんのもとを、しっかりと元気にしましょう。

妊娠は、夫婦の共同作業です!

● 下の元気が無くなってきた男性は!

男性の活力は、年齢とともに低下します。それとともに、下のほうの元気や持続力も無くなります。困った時は、必要な栄養をピンポイントで補給しましょう。

GHプレミアム

● 元気が足りないときは、マッサージも効果的!

男性不妊でよく見られる勃起不全や中折れの悩みに、切って離せないのが自律神経です。この自律神経が不調だと、健康な人でも元気のない状態になります。お手軽なマッサージで、気軽に自律神経も元気にしましょう。

→ ED・中折れを改善して、妊娠させよう!

お手軽なので、気軽に始めやすいです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ