妊娠するための生活改善と不妊治療

不妊症の治療と、
妊娠するための対策!

卵管が詰まって不妊になる卵管障害!

卵管障害について

あなたは、卵管障害という不妊症を聞いたことがありますか?

まず、卵巣から出た卵子を、子宮に運ぶ大切な通り道が卵管です。また、排卵前には粘液量を増やして、さらに、粘液の粘性を下げます。そうすると、体内に入ってきた精子がスムーズに動けて、受精しやすくなる働きがあるのです。

この大切な卵管で炎症が起きると、卵子と精子の出会いが邪魔されて、受精しづらくなります。この悲しい状態を、卵管性不妊と呼びます。

どうして、卵管障害になるの?

たとえば、感染症や子宮内膜症で卵管が詰まったり、子宮外妊娠が卵管内で起きた場合などが考えられます。また、性感染症によって卵管が炎症することもあります。とくにクラミジアによる感染症は、卵管だけでなく、子宮頸管でも炎症を起こすので注意しましょうね。

● クラミジアには、注意しよう!

よく聞く性病のクラミジアですが、その感染が卵管にまで進むと、卵管にある上皮細胞だけでなく、線毛細胞まで傷つけます。この線毛細胞は、卵子を運ぶのに重要な働きをしているので、うっかり感染すると大変ですよ。

● 卵管は、2本あります!

卵管は左右に1本ずつあるので、どちらか1本が正常であれば、自然妊娠する可能性は十分にあります。ただ、卵管が2本とも詰まっていると、卵巣から卵子が移動できないので自然妊娠はかなり難しくなります。

卵管不妊を検査しよう!

● 子宮卵管造影検査って、なに?

子宮卵管造影検査とは、カテーテルを使って子宮内に造影剤を注入して、その造影剤の流れ方で卵管の詰まり具合を検査します。ただ、卵管の詰まりがひどい場合には、造影剤を注入するときに、多少の痛みがあるようです。

また、この検査では造影剤を卵管に流し込むので、狭かった卵管が広がったり、卵管の詰まりが治ることもあります。まさに、一石二鳥ですね。

● 通水・通気検査もあります!

子宮内に水や炭酸ガスを注入して、卵管が詰まっていないか検査します。この検査でも、注入した水などのおかげで卵管の通りが良くなり、検査後にめでたく妊娠される方もいらっしゃいますよ。

 妊娠するときは、最高の体調だよ!

妊娠と出産は、女性にとって重要なイベントです!

妊娠だけでなく、お腹の中で赤ちゃんを元気に育て、しっかりと出産して、ようやく新しい家族である赤ちゃんを手に抱くことがでます!

kodakara

● 妊娠・出産も、栄養が大切!

女性の体に必要な栄養が足りていないと、不妊体質になるだけでなく、妊娠した時に、お腹の中で赤ちゃんを元気に育てられません。

妊娠する栄養を、しっかりと!
イソラコン葉酸プラス

● 高齢でも、不妊に負けない!

女性も35歳を過ぎると、妊娠力が落ちて不妊になりやすくなります。そんな時は、年齢に合った栄養を補給して、不妊を克服しましょう。

年齢で対策して、妊娠率も急上昇!

● 妊娠しやすい生活習慣は、とても大切です!

妊娠に良い栄養を取っても、日々の生活が不規則だと不妊になる確率が上がります。1日も早く妊娠するために、妊娠しやすい生活を送りましょう!

→ 不妊に負けないで、妊娠力を上げる方法!

→ 35歳以上の高齢でも、不妊に負けない!

→ 男女を産み分けするコツ!

栄養と妊娠生活で、不妊改善も間違いなしです!

 男性不妊の悩みも、解決できます!

男性不妊の悩みは、大きく2つに分かれると思います。

まず、大事な時に下のほうが元気にならない。次に、行為はできるけど、精子の問題などで妊娠させられないです。

● 男性不妊も、栄養が大切です!

女性だけでなく、男性も状態に合った栄養が必要です。赤ちゃんのもとを、しっかりと元気にしましょう。

妊娠は、夫婦の共同作業です!

● 下の元気が無くなってきた男性は!

男性の活力は、年齢とともに低下します。それとともに、下のほうの元気や持続力も無くなります。困った時は、必要な栄養をピンポイントで補給しましょう。

GHプレミアム

● 元気が足りないときは、マッサージも効果的!

男性不妊でよく見られる勃起不全や中折れの悩みに、切って離せないのが自律神経です。この自律神経が不調だと、健康な人でも元気のない状態になります。お手軽なマッサージで、気軽に自律神経も元気にしましょう。

→ ED・中折れを改善して、妊娠させよう!

お手軽なので、気軽に始めやすいです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ