妊活と不妊改善

お手軽な妊活で、
不妊改善と妊娠を!

不妊治療で、赤ちゃんが障害児になりやすい?

不妊治療と障害児

妊娠しようと治療を頑張っているときに、気になるのが障害児の出産率だと思います。

せっかく妊娠して出産できたのに、様子がおかしいと思ったら障害児だったという声もあるようです。ただ、これが治療による障害なのか、先天的なものかは断定できないと思います。

ここでは、障害児の出産について考えていきたいと思います。ただ、これは一般的な考えやお話なので、ちょっとした参考程度に考えて下さいね。

不妊治療で障害児は生まれないパターン

まず、一般的によく行われる治療ですが、排卵の周期を利用して行うタイミング法、体内の乱れているホルモンバランスを正常にするホルモン治療など、おもに妊娠しやすくしたり、妊娠のお手伝いといった感じの治療になりますよね。

また、産婦人科で良く行われる人工授精も、正常な精子を子宮に注入するだけなので、そこまで自然の摂理に逆らっているわけではありません。人工授精による不妊治療の後に、受精卵が子宮に着床するかは神さま次第になってきます。

● 神の領域に踏み込む高度生殖医療

受精卵を得るための治療として、体外受精や顕微授精という方法があります。医療器具を使って、人為的に受精卵にするという方法ですね。ここまでのレベルに進むと、この辺りは自然の摂理としてはどうなのかなとは考えますね。

このような事から、不妊治療は赤ちゃんを授かる為のお手伝いという見方が大きいので、治療が原因になって障害児になる可能性は低いと考えています。

不妊治療が障害の原因になるパターン

不妊治療は授かりやすくする為のお手伝いという考えを書かせて頂きましたが、これは逆に言えば、母体となる女性を医学的に妊娠しやすい状態に変化させてしまうという見方もできます。

そうなりますと、体内の栄養バランスや子宮で赤ちゃんを育てるための栄養の備蓄、ホルモンバランスなどの体の準備が整っていないのに、不妊治療によって準備不足のまま妊娠してしまう状況もあるかと思います。

母体の準備がまだなのに、不妊治療によって妊娠・出産すると、障害を持つ赤ちゃんが産まれやすくなるという考えも無碍に否定はできませんよね。

障害児の出産率を低くしよう!

不妊治療が、産まれてくる赤ちゃんの障害の原因になるかを悩むのではなく、いつ妊娠してもよいように、体の準備を整えておくことが大切だと思います。

栄養バランスの取れた食事をちゃんと食べているか、過度のストレスや運動不足で体のバランスが乱れていないかも大切ですし、妊娠した時のために葉酸などの赤ちゃんを育てる栄養も大切です。

● 自分にできることを、しっかりと!

ここはプラス思考に切り替えて、栄養やバイオリズムといった体の調子を整えるように生活していれば、不妊治療の効果も上がってきますし、妊娠したときも、元気な赤ちゃんが産まれてくる可能性もぐっと高くなりますよ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ