妊娠するための生活改善と不妊治療

不妊症の治療と、
妊娠するための対策!

多嚢胞性卵巣が悪化すると、不妊の原因に!

多嚢胞性卵巣について

まず、多嚢胞性卵巣について説明しますね。多嚢胞性卵巣というのは、卵巣の表面に直径5~10ミリほどの小さな嚢胞ができている状態です。ただ、嚢胞があっても、卵巣に悪影響がなければ、妊娠する事には問題ありません。

しかし、多嚢胞性卵巣が悪化して、卵巣の皮膜が硬くなったり、排卵しづらいなどの排卵障害がでると、不妊の原因になってしまいます。

多嚢胞性卵巣になると、どうなるの?

● こんな症状に、ご注意を!

多嚢胞性卵巣症候群は、だいたい思春期に発症することが多いです。また、男性ホルモンの濃度が高くなる場合があるので、男性化と呼ばれる症状もでてきます。たとえば、声が低くなる、乳房が小さくなる、筋肉量が増えるなどの症状です。女性にとっては、あまり喜ばしい症状とは言えませんよね。

● 病院で検査しよう!

多嚢胞性卵巣症候群の検査ですが、血液検査で、黄体形成ホルモンや男性ホルモンなどを測定します。また、腹腔鏡などを使って卵巣の一部を採取し、顕微鏡で検査をすることもあります。

多嚢胞性卵巣は、治療できるの?

多嚢胞性卵巣症候群の完全な治療法は、残念ながら今のところありません。また、多嚢胞性卵巣の状態や、妊娠を希望しているかで治療法も変わってきます。

● 多嚢胞性卵巣でも、妊娠したい!

妊娠したい場合は、排卵誘発剤を使って排卵を促進します。初めはクロミッドなど弱めの薬で様子を見て、効果が無ければ、強い薬に切り替えていきます。また、腹腔鏡下手術で卵巣の表面に小さな穴をあけることで、排卵を促す方法もありますよ。

 妊娠するときは、最高の体調だよ!

妊娠と出産は、女性にとって重要なイベントです!

妊娠だけでなく、お腹の中で赤ちゃんを元気に育て、しっかりと出産して、ようやく新しい家族である赤ちゃんを手に抱くことがでます!

kodakara

● 妊娠・出産も、栄養が大切!

女性の体に必要な栄養が足りていないと、不妊体質になるだけでなく、妊娠した時に、お腹の中で赤ちゃんを元気に育てられません。

妊娠する栄養を、しっかりと!
イソラコン葉酸プラス

● 高齢でも、不妊に負けない!

女性も35歳を過ぎると、妊娠力が落ちて不妊になりやすくなります。そんな時は、年齢に合った栄養を補給して、不妊を克服しましょう。

年齢で対策して、妊娠率も急上昇!

● 妊娠しやすい生活習慣は、とても大切です!

妊娠に良い栄養を取っても、日々の生活が不規則だと不妊になる確率が上がります。1日も早く妊娠するために、妊娠しやすい生活を送りましょう!

→ 不妊に負けないで、妊娠力を上げる方法!

→ 35歳以上の高齢でも、不妊に負けない!

→ 男女を産み分けするコツ!

栄養と妊娠生活で、不妊改善も間違いなしです!

 男性不妊の悩みも、解決できます!

男性不妊の悩みは、大きく2つに分かれると思います。

まず、大事な時に下のほうが元気にならない。次に、行為はできるけど、精子の問題などで妊娠させられないです。

● 男性不妊も、栄養が大切です!

女性だけでなく、男性も状態に合った栄養が必要です。赤ちゃんのもとを、しっかりと元気にしましょう。

妊娠は、夫婦の共同作業です!

● 下の元気が無くなってきた男性は!

男性の活力は、年齢とともに低下します。それとともに、下のほうの元気や持続力も無くなります。困った時は、必要な栄養をピンポイントで補給しましょう。

GHプレミアム

● 元気が足りないときは、マッサージも効果的!

男性不妊でよく見られる勃起不全や中折れの悩みに、切って離せないのが自律神経です。この自律神経が不調だと、健康な人でも元気のない状態になります。お手軽なマッサージで、気軽に自律神経も元気にしましょう。

→ ED・中折れを改善して、妊娠させよう!

お手軽なので、気軽に始めやすいです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ