妊娠するための生活改善と不妊治療

不妊症の治療と、
妊娠するための対策!

妊娠するための食べ物と栄養

妊娠に良い食べ物

妊娠で悩む女性に多いのが、偏食による栄養の偏りです。たとえば「ちょっと、体重が気になるからダイエット!」などしていませんか。あまりに太っていると、妊娠や出産にも問題がありますが、だからと言って無理な食事制限はお勧めできません。栄養バランスが乱れると、かえって妊娠しにくくなりますよ。

妊娠にとって、冷え性は大敵です!

妊娠にとって大敵は、冷え性です。冷え性や低体温になると、血液の流れが悪くなります。そうすると、ホルモンバランスが乱れて、卵巣機能や黄体機能などの生殖機能が低下して、妊娠の障害となります。

● ポカポカしよう! 体を暖める食べ物

ニンジン、ゴボウ、ヤマイモ、レンコン、かぼちゃなどの根菜類や、納豆、味噌、黒ゴマ、黒豆、ひじき、生姜、ねぎ、玉ねぎ、にんにく、などがあります。また、味噌汁、納豆、豆腐、おから、ゆば、煮豆、大豆スープなどの大豆製品には、エストロゲンの分泌を促進する働きがあります。果物では、梅、なつめ、栗、りんご、さくらんぼなどがあり、手軽に食べられるものとしては、チーズがありますね。

● 気をつけよう! 体を冷やす食べ物

こちらは、体を冷やす食べ物です。少しならば問題ないのですが、一度にたくさん食べるのは止めましょうね。身近なものでは、緑茶、コーヒー、ビール、白砂糖、クリーム、などがあります。野菜では、わらび、ぜんまい、なす、トマト、レタス、小松菜、などがあります。また、南国の果物は、全体的に体を冷やす傾向があるのでご注意を。(マンゴー・パパイヤ・キーウイフルーツなど)

妊娠促進! 気になる栄養は?

● リジン

必須アミノ酸の一つで、女性の受胎能力を調整して妊娠しやすくします。また、アルギニンと協力して、成長ホルモンの分泌を促進します。

● ヒスチジン

体内で成長に関与し、神経機能の補助をします。また、性的エネルギーを高めるなどの作用があります。

● 亜鉛

細胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモンなどのホルモン生成に関係していて、妊娠するために大切なビタミンです。油断すると、不足しがちな栄養です。

妊娠するために、バランスの良い食事!

妊娠するために一番大事なのは、バランスの取れた食事を、3食きちんと食べることです! 誘惑に負けて間食すると、カロリーの摂りすぎはもちろんのこと、ビタミンや栄養バランスも乱れてしまいますよ。

また、妊娠したいのにダイエットは逆効果です。妊娠するためには、体の様々な器官の協力が必要ですし、お腹の中で赤ちゃんを育てるためにも、たくさんの栄養が必要です。栄養バランスの取れた食事を、3食きちんと食べましょうね。

● 彼の愛が分からない。男の人の心ってどうなってるの?

● まずは、一人目の赤ちゃんを授かろう!

● 一人目は妊娠したけど、二人目がなかなか授からないときは?

● 35歳を過ぎてるけど、頑張って妊娠したい!

● じつは、妊活・妊娠中は、葉酸という栄養が大切なんです。

● 男の子や女の子の産み分けって、できるの?

よろしくお願いします!

じつは、ブログ村とブログランキングに参加しています。もし、「まあ、良かったよ」と思われましたら、是非、それぞれ1クリックしてもらえると、とっても励みになります!

気持よく1クリックして頂けると、「あっ、この記事が投票されてる。役に立ったんだぁ!」と喜びますし、新しい記事を書く励みにもなるんです!

あなたの清き1クリックを、宜しくお願いします!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ     

サブコンテンツ

このページの先頭へ