妊娠するための生活改善と不妊治療

不妊症の治療と、
妊娠するための対策!

不妊症とは

不妊症について

不妊症とは、妊娠を希望する夫婦が、避妊せず夫婦生活を行っているのに、妊娠できない状態のことを言います。世界保健機関(WHO)では、夫婦生活を2年ほど行っても妊娠できない場合を、不妊症と定義しているようです。

ただ、妊娠を希望する夫婦の約80%が1年以内に妊娠しており、2年では90%以上の夫婦が妊娠している状況と、晩婚化や婦人病の増加などを考慮して、この妊娠できない期間は、一年でも良いという説もあります。

最近の不妊事情と治療法!

日本では10組に1組くらいの夫婦が、不妊の悲劇に会われているようです。また、最近では少子化が問題になるように、結婚が遅くなる晩婚化や婦人病の増加、環境ホルモンの悪影響などにより、妊娠しづらい夫婦も多くなっています。

そんな不妊について、簡単にご説明したいと思います!

● 不妊の原因は、いろいろあるよ!

不妊症の原因は、本当にたくさんあります。まず、女性・男性のどちらかに原因がある場合や、両方に原因がある場合、また、夫婦の相性の問題などもありますね。そのため、不妊症の検査を受けるときには、夫婦そろって受診しましょう。

ただ、検査を受ければ、確実に不妊は治るわけではありません。検査しても原因がわからない場合も、若干ですがあります。新しい命を授かる「妊娠の神秘」には、まだまだ、未知の領域が残されているようですね。

● いろいろな不妊治療!

不妊治療である一般不妊治療は、従来から行われてきた不妊治療のことです。まず、初めに「タイミング法」(排卵日を予測して、夫婦生活を口頭で指導する)、薬によってホルモンを改善するホルモン療法などがあります。

また、基本的な不妊治療で妊娠できない場合は、高度生殖医療へとステップアップします。体外で卵子と精子を受精させて培養し、できた胚を子宮に戻す「体外受精胚移植」や、精子と卵子を一緒にして卵管内に戻す「配偶子卵管内移植」、そして、受精させた卵子を子宮に移植する「顕微受精」などがあります。

● 彼の愛が分からない。男の人の心ってどうなってるの?

● まずは、一人目の赤ちゃんを授かろう!

● 一人目は妊娠したけど、二人目がなかなか授からないときは?

● 35歳を過ぎてるけど、頑張って妊娠したい!

● じつは、妊活・妊娠中は、葉酸という栄養が大切なんです。

● 男の子や女の子の産み分けって、できるの?

よろしくお願いします!

じつは、ブログ村とブログランキングに参加しています。もし、「まあ、良かったよ」と思われましたら、是非、それぞれ1クリックしてもらえると、とっても励みになります!

気持よく1クリックして頂けると、「あっ、この記事が投票されてる。役に立ったんだぁ!」と喜びますし、新しい記事を書く励みにもなるんです!

あなたの清き1クリックを、宜しくお願いします!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ     

サブコンテンツ

このページの先頭へ