妊娠するための生活改善と不妊治療

不妊症の治療と、
妊娠するための対策!

漢方薬で不妊治療

漢方薬で不妊改善

病院で不妊治療をしていると、「このままで、いいの?」「もっと、妊娠しやすくなりたい!」と思いますよね。妊娠率を上げるために、病院の不妊治療の他にやる事と言えば、だいたい漢方や鍼灸が有名なところだと思います。

ここでは、不妊と漢方について考えてみましょう!

不妊治療で、漢方薬を試すタイミング!

妊娠するために漢方にチャレンジするタイミングですが、これは本当に人それぞれです。不妊治療で産婦人科に通い始めてから、すぐに漢方も併用される方もいますし、なかなか人工授精が成功しないので、そこから漢方を試す方もいます。また、体外受精に抵抗があるので、漢方でしばらく様子を見る方もいます。

そのため、漢方を試すタイミングとしては、あまり気負わずに「そろそろ、漢方はどうかな?」と思い始めてからで良いと思いますよ。

気負わずに、マイペースでいきましょう!

漢方薬って、費用は高いの? 保険は効くの?

漢方薬の値段についてですが、薬と言うだけあって高いです。体外受精の費用と比べると安いと思いますが、それでも、「塵も積もれば山となる」です。漢方薬の服用期間が長くなれば、その費用も馬鹿には出来ませんよ。

ただ、漢方薬については保険が適用されますので、病院から処方箋を出してもらいましょう。これだけで、漢方薬の費用もかなり安くなります。間違っても、漢方薬局にふらっと入って買ったりしないで下さいね。全額負担になってしまいますよ!

( 多くの産婦人科が漢方を取り扱っていますが、中には取り扱っていない産婦人科もあるようです。漢方薬の取り扱いがあるか、病院で確認して下さいね )

不妊に効く漢方薬!

よく聞く質問で、「不妊に効く漢方薬って、どれなの!」というのがあります。正直に言って、漢方薬の種類も色々ありますし、不妊の症状や女性の状態(高温期や低温期など)でも違ってきます。

そのため、漢方薬は自分で決めるのではなく、産婦人科の先生に選んでもらいましょう。そうすれば、不妊の症状にあった漢方薬を選んでくれますし、処方箋も出してもらえて一石二鳥です。焦る気持ちもわかりますが、落ち着いていきましょうね!

● 彼の愛が分からない。男の人の心ってどうなってるの?

● まずは、一人目の赤ちゃんを授かろう!

● 一人目は妊娠したけど、二人目がなかなか授からないときは?

● 35歳を過ぎてるけど、頑張って妊娠したい!

● じつは、妊活・妊娠中は、葉酸という栄養が大切なんです。

● 男の子や女の子の産み分けって、できるの?

よろしくお願いします!

じつは、ブログ村とブログランキングに参加しています。もし、「まあ、良かったよ」と思われましたら、是非、それぞれ1クリックしてもらえると、とっても励みになります!

気持よく1クリックして頂けると、「あっ、この記事が投票されてる。役に立ったんだぁ!」と喜びますし、新しい記事を書く励みにもなるんです!

あなたの清き1クリックを、宜しくお願いします!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ     

サブコンテンツ

このページの先頭へ