妊活と不妊改善

お手軽な妊活で、
不妊改善と妊娠を!

性病・性感染症は、不妊の原因になります!

性病と不妊

まず、妊娠中に限らずに「もしかして、性病かな?」と不安になったら、不妊に関係なく産婦人科に行きましょう。

とくに、梅毒や淋病という性病では、不妊になりやすくなるだけでなく、妊娠中だと、赤ちゃんにまで感染が及ぶこともありますよ。

不妊と性病の関係を、知っておこう!

性病や性感染症は、不妊症になる危険がありますよ。また、病原菌を保有している人と行為を行った場合には、かなりの確率であなたにも感染してしまいます。たかが性病と油断せずに、しっかりと自己対策しましょうね。

● 梅毒 ( 潜伏期間は、3~4週間ほど )

梅毒に感染すると、感染場所にしこりや潰瘍ができて腫れます。さらに悪化すると、全身に赤い斑点ができたり、心臓や神経まで悪影響を受けます。また、梅毒に感染した状態で妊娠すると胎児感染の危険があり、奇形胎児の原因になりますよ。

こんな症状がでたら、すぐに、病院で検査しましょう。梅毒の性病検査では、血液検査が一般的です。早期に発見できれば、抗生物質などで短期間に治療できます。

● 淋病 ( 潜伏期間は、2~9日ほど )

淋病は、よく聞く性病ですよね。男性では排尿痛や、尿道から膿みが出てきます。症状が悪化すると、前立腺炎や精巣上体炎になる場合もあります。

女性の場合は、膿のようなおりものが出ますが、自覚症状が無いことが多いです。症状が悪化すると、卵管狭窄による不妊症の危険があります。もし、淋病に感染したまま出産すると、赤ちゃんにまで産道感染してしまいます。

淋病の治療では、おもにペニシリン系の抗生物質が使用されます。ただ、最近では、抗生物質が効きづらい場合もあるようです。

● クラミジア感染症 ( 潜伏期間は、1~3週間ほど )

クラミジアという性病に感染すると、男性では、排尿時の痛み・かゆみ、膿などが出てきます。症状が悪化すると、慢性前立腺炎や精巣上体炎の原因になります。

女性の場合は、自覚症状があまり無く、健康診断などで発覚することが多いです。症状が悪化すると、子宮頚管炎や卵管炎・卵管狭窄になり不妊の原因になります。また、感染したまま妊娠すると、赤ちゃんにまで性病が感染する危険があります。

クラミジア感染症の治療では、おもに抗生物質が使用されます。ただ、再発・慢性化しやすい性病なので、しっかりと治療しましょう。

● 性器ヘルペスウイルス ( 潜伏期間は、2~10日ほど )

男女ともに患部に水泡ができて、悪化すると潰瘍になります。この潰瘍が破れると、激しい痛みを引き起こし、この痛みのせいで歩行困難になることもあります。

もし、女性が妊娠中に感染すると、出産時に、赤ちゃんにまで産道感染する危険があります。これが新生児ヘルペス感染症と言って、赤ちゃんの死亡率が8割近くもあるので、不妊どころの話ではありません。感染初期でしっかり対応しましょう。

性器ヘルペスウイルス感染症の治療では、抗生物質が使われます。ただ、今のところ完治はできす、再発することもあります。

● 尖形コンジローム ( 潜伏期間は、3ヶ月ほど )

男女ともに、性器や肛門周辺に発生して増殖します。痛みはあまり無いのですが、気楽に考えずに早期受診・治療が基本です。また、尖形コンジロームに感染していると、他の性病や感染症も併発している可能性が高いです。

尖形コンジロームの治療では、小さい初期の頃は塗り薬を使います。また、悪化して大きくなっている場合には、外科的に切り取ることもあります。

● トリコモナス感染症 ( 潜伏期間は、2~3週間ほど )

男性の場合は、症状が出ないことが多いです。女性の場合ですと、大量の帯下とかゆみが現れ、おりものが膿をおびた泡沫性になったり悪臭を伴います。もし、性病が発覚したら、パートナーも検査する必要がありますよ。

● 膣カンジダ症 ( 潜伏期間は、数日ほど )

カンジダ真菌というカビの一種によって発症します。カンジダ真菌に感染すると、男性では性器の周辺に湿疹ができますが、自覚症状は強くありません。女性の場合ですと、激しいかゆみやヨーグルト状のおりものが出てきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ