妊娠するための生活改善と不妊治療

不妊症の治療と、
妊娠するための対策!

元気な精子が、妊娠の決め手

男性の妊娠力は、精子にあり

子供が授からない不妊は、女性だけの問題とは言えませんよね。最近では、男性が不妊原因となることも多いです。そして、男性不妊の原因は、精子のトラブルが一番多いです。男性として重要なのは、元気な精子を作って射精できることですよ。

男性も不妊克服のために、頑張りましょうね!

あなたの精子は、大丈夫?

男性不妊の一番の原因が、精子の状態です。精子数が少ない不妊症としては、精液1cc当たりの精子数が2,000万を下回る状態を乏精子症、殆どいない状態を無精子症と言います。どちらの場合も、不妊治療が必要です。また、精子の数は十分でも、運動率が悪い、奇形の精子が多い場合は不妊原因となります。

● 正常な精液 (WHOの基準)

精液量 : 2,0ml以上
精子濃度: 2000万個以上/ml
精子数 : 4000万個以上
奇形率 : 70%未満
白血球 : 100万個未満/ml
運動率 :  50%以上が前進運動、または25%以上が高速直進運動

元気な精子を作ろう!

妊娠するためには、当然ながら精子と卵子が必要ですね。男性に限れば、精子の製造力が決め手になります。ここでは、精子を製造する体の器官をご説明しますね。

● 精子の製造工場、精巣!

精巣は、精子だけでなく、男性ホルモンも作る頑張り屋さんです。また、精巣は白膜に包まれていて、その内部には、約250もの精巣小葉という仕切りがあり、その中に精細管とよばれる細い管があります。ここが精子の製造工場です。また、この精細管が集まって精巣網になり、やがて1本の精巣上体管となります。

● 精子が成長する、精巣上体!

精巣上体は3つの部分 (頭部、体部、尾部) があり、この中を10~20日ほどかけて、精子が成長していきます。とくに尾部は、精子が常に貯留されているので、正常に射精できない場合は、ここから直接精子を採取することもできます。

● 彼の愛が分からない。男の人の心ってどうなってるの?

● まずは、一人目の赤ちゃんを授かろう!

● 一人目は妊娠したけど、二人目がなかなか授からないときは?

● 35歳を過ぎてるけど、頑張って妊娠したい!

● じつは、妊活・妊娠中は、葉酸という栄養が大切なんです。

● 男の子や女の子の産み分けって、できるの?

よろしくお願いします!

じつは、ブログ村とブログランキングに参加しています。もし、「まあ、良かったよ」と思われましたら、是非、それぞれ1クリックしてもらえると、とっても励みになります!

気持よく1クリックして頂けると、「あっ、この記事が投票されてる。役に立ったんだぁ!」と喜びますし、新しい記事を書く励みにもなるんです!

あなたの清き1クリックを、宜しくお願いします!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ     

サブコンテンツ

このページの先頭へ