妊活と不妊改善

お手軽な妊活で、
不妊改善と妊娠を!

男性の不妊検査って、どんな検査なの?

男性の不妊検査

女性だけでなく、男性にも検査はありますよ。

まず、受精しないなどの男性不妊の多くは、当然ながら精子が原因になります。そこで、病院では精液検査の他にも、男性器に外傷や奇形となっている部分が無いか、前立腺に異常がないかも検査します。

● 精液検査って、何するの?

男性の基本的な検査としては、精液の量や精子の数を調べます。調べる内容としては、射精した精液の量や1ml中の精子の数、前記の二つから計算される精子の総数、精子の運動率や精子の奇形率などを検査します。

● 正常な精液 (WHOの基準)

精液量 : 2,0ml以上
精子濃度: 2000万個以上/ml
精子数 : 4000万個以上
奇形率 : 70%未満
白血球 : 100万個未満/ml
運動率 :  50%以上が前進運動、または25%以上が高速直進運動

● 膀胱に精子がいる!?

ちょっと難しい言葉ですが、無精液症や精液減少症といった不妊症の場合には、膀胱に精子が逆流していないかを検査します。検査方法は、射精後に尿を採って精子がいるかを調べます。精子数が多い場合には、逆行性射精の可能性がありますよ。

男性不妊の精密検査!

● 精巣組織を調べよう

精子が確認できない場合には、陰嚢を少しだけ切開して、精巣組織を採取して検査します。これにより、精巣の中に精子がいるか分かります。男性にとっては、陰嚢を切るだけでも心理的に負担が高そうですね・・。

● 精子の尻尾を調べよう

精子が移動するのに重要な尾部を検査します。精子は尾部で運動を行うので、その尾部に異常があると運動率が悪くなり、卵子まで泳ぎ着けない場合があります。

● 精液の中に、白血球!?

精液中に白血球が多い場合は、病原菌やウイルスが進入している可能性があります。そのため、性感染症(クラミジアなど)や大腸菌などの細菌を検査します。感染していた場合は、抗菌剤や抗生物質などを投与して治療します。

● 精子の通り道は、大丈夫?

精子はきちんと製造されている。でも、精液中に精子がいない。その場合には、精子の通り道に問題がある可能性が高いです。そこで、陰嚢上部を少しだけ切開して、精管を外に出し、造影剤を注入します。そして、レントゲンで撮影して、精路の通過性を検査します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ