妊活と不妊改善

お手軽な妊活で、
不妊改善と妊娠を!

35歳以上の高齢だと、不妊の確率が上がる!

二人目不妊の原因について

一人目は普通に妊娠・出産できたけど、二人目は出産どころか、なかなか妊娠する事もできない。そんな原因不明の状態が、二人目不妊と呼ばれています。

とくに最近の日本では、出産を経験されたご夫婦の2~3割もの方が、二人目不妊に悩んでいるのが現状のようです。意外と多いですよね。。

どうして、二人目不妊になるの?

ちょっとした疑問なのですが、一人目を出産した後に、二人目不妊になってしまう確立はどのくらいあるのでしょうか。じつは、二人目不妊になる確立ですが、女性の年齢が一番の原因になるのです!

● 女性の高齢化が、二人目不妊の原因に!

二人目不妊の原因として多いのが、女性の高齢化による生殖能力の低下です。女性の場合は、だいたい35歳を過ぎた辺りから、卵子の老化が急に早くなります。そのため、卵子の老化と一緒に、受精率、子宮への着床率も下がってきます。

もし、女性が二人目を望んだ時に、すでに30代後半など高齢であれば、妊娠に関係する生殖器官が老化している分だけ、二人目不妊の確立も上がってきます。

● 二人目の妊娠・出産は、計画的に!

二人目不妊は、女性の年齢でだいぶ違います。そのため、20代の女性であれば、不妊でもない限り二人目の妊娠・出産も順調にいくことが多いです。また、育児と休憩でちょっと期間が開いても、三人目のチャレンジも大丈夫です。

もし、20代半ば以降で結婚されるときは、子供は何人ほしいかを決めておきましょう。そして、可能な限り35歳までに出産が終わるように計画を立てましょうね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ