妊活と不妊改善

お手軽な妊活で、
不妊改善と妊娠を!

不妊で悩むなら、産婦人科に行くタイミング!

不妊治療を相談しよう

素敵な人と巡り会って結婚生活が始まったら、次の幸せイベントは、新しい家族を迎える出産ですよね。

ここでスムーズに妊娠・出産と続けば幸いなのですが、体調やタイミングによっては、妊娠するまでの期間が長くなる事もあります。また、不妊の可能性も捨て切れません。

そんな予想外の出来事について、考えてみましょう!

えっ、不妊症!? 産婦人科はどうしよう!

結婚して夫婦生活を頑張っている。それでも、妊娠できない時に頭によぎるのが「不妊症」の文字です。女性にとって大問題だと思いますが、次に思うのが「不妊症だとしたら、いつ産婦人科に行けばいいの?」ですよね。

早速、出産に影響のある年齢別に考えていきましょう!

● 10・20代の健康な女性

体も健康で元気のある年齢ですので、体力の衰えで不妊になっている可能性は低いです。そのため、子作りを初めて半年間くらいは、排卵のタイミングを見計らって、夫婦で頑張ってみるのも良いと思います。

ただ、さすがに半年以上も自然妊娠しないとなれば、その他の不妊原因があると考えるのが妥当です。女性の場合は妊娠のメカニズムが複雑なので、妊娠の健康診断という気持ちで、産婦人科を受診してみるのも良いですよ!

何か不妊原因があれば、ある程度は判明するはずです。

● 30代以上の出産高齢者の場合

女性が30代以上の場合だと、年齢とともに妊娠することが難しくなってきます。そのため、最初から産婦人科を受診して、妊娠のメカニズムに異常が無いかチェックしてもらうのも良いかもしれません。

「30代だけど、早めに妊娠したいので来ました」と言えば、産婦人科でも簡単な不妊チェックはしてくれますし、排卵日を予測して、妊娠に都合の良いタイミングの指導(タイミング法)もしてくれるはずです。

どちらにせよ、妊娠したら産婦人科に通うので、まずは気楽にいきましょう!

さあ、産婦人科にいこう!

産婦人科を受診する場合には、できれば1~2ヶ月分の基礎体温表を持って行きましょう。もし、高温期・低温期などの体温の乱れがあれば先生も気づきますし、その後の診察や不妊治療にもスムーズに移行できます。

また、不妊原因は女性だけとは限りません。出来れば、ご主人も一緒に連れて行って、精液検査だけでも受けてもらうと確実ですよ。

さあ、頑張って赤ちゃんを授かりましょう!

→ 基礎体温の計り方とタイミング

サブコンテンツ

このページの先頭へ