妊活と不妊改善

お手軽な妊活で、
不妊改善と妊娠を!

多嚢胞性卵巣が悪化すると、不妊の原因に!

多嚢胞性卵巣について

まず、多嚢胞性卵巣について説明しますね。多嚢胞性卵巣というのは、卵巣の表面に直径5~10ミリほどの小さな嚢胞ができている状態です。ただ、嚢胞があっても、卵巣に悪影響がなければ、妊娠する事には問題ありません。

しかし、多嚢胞性卵巣が悪化して、卵巣の皮膜が硬くなったり、排卵しづらいなどの排卵障害がでると、不妊の原因になってしまいます。

多嚢胞性卵巣になると、どうなるの?

● こんな症状に、ご注意を!

多嚢胞性卵巣症候群は、だいたい思春期に発症することが多いです。また、男性ホルモンの濃度が高くなる場合があるので、男性化と呼ばれる症状もでてきます。たとえば、声が低くなる、乳房が小さくなる、筋肉量が増えるなどの症状です。女性にとっては、あまり喜ばしい症状とは言えませんよね。

● 病院で検査しよう!

多嚢胞性卵巣症候群の検査ですが、血液検査で、黄体形成ホルモンや男性ホルモンなどを測定します。また、腹腔鏡などを使って卵巣の一部を採取し、顕微鏡で検査をすることもあります。

多嚢胞性卵巣は、治療できるの?

多嚢胞性卵巣症候群の完全な治療法は、残念ながら今のところありません。また、多嚢胞性卵巣の状態や、妊娠を希望しているかで治療法も変わってきます。

● 多嚢胞性卵巣でも、妊娠したい!

妊娠したい場合は、排卵誘発剤を使って排卵を促進します。初めはクロミッドなど弱めの薬で様子を見て、効果が無ければ、強い薬に切り替えていきます。また、腹腔鏡下手術で卵巣の表面に小さな穴をあけることで、排卵を促す方法もありますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ