妊娠するための生活改善と不妊治療

不妊症の治療と、
妊娠するための対策!

不妊治療では、漢方薬も効果的です!

漢方薬で不妊治療

病院で不妊治療をしていると、「このままで、いいの?」「もっと、妊娠しやすくなりたい!」と思うことはありませんか。妊娠率を上げるために、病院での治療の他にやる事と言えば、だいたい漢方薬や鍼灸が有名なところだと思います。

せっかくなので、ここでは漢方について考えてみましょう!

漢方薬を試すタイミング!

漢方にチャレンジするタイミングですが、これは本当に人それぞれです。産婦人科に通い始めてから、すぐに漢方薬も併用される方もいますし、なかなか人工授精が成功しないので、そこから漢方薬を試す方もいます。また、体外受精に抵抗があるので、漢方薬でしばらく様子を見る方もいます。

そのため、漢方薬を試すタイミングとしては、あまり気負わずに「そろそろ、漢方はどうかな?」と思い始めてからで良いと思いますよ。

気負わずに、マイペースでいきましょう!

漢方薬って、費用は高いの? 保険は効くの?

漢方薬の値段についてですが、薬と言うだけあって高いです。体外受精の費用と比べると安いと思いますが、それでも、「塵も積もれば山となる」です。漢方薬の服用期間が長くなれば、その費用も馬鹿には出来ませんよ。

ただ、漢方薬については保険が適用されますので、病院から処方箋を出してもらいましょう。これだけで、漢方薬の費用もかなり安くなります。間違っても、漢方薬局にふらっと入って買ったりしないで下さいね。全額負担になってしまいますよ!

多くの産婦人科で漢方薬を取り扱っていますが、中には取り扱っていない産婦人科もあるようです。漢方薬を扱っている病院であれば、普通に処方箋を出してくれると思います。ちゃんと、病院で確認して下さいね。

不妊に効く漢方薬って、あるの?

よく聞く質問で、「不妊に効く漢方薬って、どれなの!」というのがあります。正直に言って、漢方薬の種類も色々ありますし、不妊の症状や女性の状態(高温期や低温期など)でも違ってきます。

そのため、漢方薬は自分で決めるのではなく、産婦人科の先生に選んでもらいましょう。そうすれば、症状にあった漢方薬を選んでくれますし、処方箋も出て一石二鳥です。焦る気持ちもわかりますが、落ち着いていきましょうね!

 元気な赤ちゃんを、妊娠する秘訣!

妊娠と出産は、女性にとって最大のイベントです!

妊娠だけでなく、お腹の中で赤ちゃんを元気に育て、しっかりと出産して、ようやく新しい家族である赤ちゃんを手に抱くことがでます!

kodakara

● 妊娠・出産も、栄養が大切!

女性の体に必要な栄養が足りていないと、不妊体質になるだけでなく、妊娠した時に、お腹の中で赤ちゃんを元気に育てられません。

妊娠する栄養を、しっかりと!
イソラコン葉酸プラス

● 高齢妊活は、対策しよう!

女性も35歳を過ぎると、妊娠力が落ちて不妊になりやすくなります。そんな時は、年齢に合った栄養を補給して、不妊を克服しましょう。

年齢で対策して、妊娠率も急上昇!

● 生活改善で、妊娠しやすくなる!

妊娠に良い栄養を取っても、日々の生活が不規則だと不妊の確率が上がります。1日も早く妊娠するためにも、妊娠しやすい健康的な生活を送りましょう!

→ 妊娠力を上げて、不妊を克服する方法!

→ 35歳以上の高齢妊活は、対策をしっかりと!

→ 男女を産み分けするコツ!

栄養と妊娠生活で、不妊改善も間違いなしです!

 妊活は、男性の悩みを解決してから!

男性の悩みは、大きく2つに分かれると思います。

まず、大事な時に下のほうが元気にならない。次に、行為はできるけど、精子の問題などで妊娠させられないです。

● 男性にも必要な栄養を!

女性だけでなく、男性も状態に合った栄養が必要です。赤ちゃんのもとを、しっかりと元気にしましょう。

妊活は、夫婦の共同作業です!

● 下の元気が無い男性に!

男性の活力は、年齢とともに低下します。それとともに、下のほうの元気や持続力も無くなります。困った時は、必要な栄養をピンポイントで補給しましょう。

GHプレミアム

● 手軽にできる自律神経マッサージも効果的!

男性不妊でよく見られる勃起不全や中折れの悩みに、切って離せないのが自律神経です。この自律神経が不調だと、健康な人でも元気のない状態になります。お手軽なマッサージで、気軽に自律神経も元気にしましょう。

→ ED・中折れを改善して、妊活を頑張ろう!

お手軽なので、気軽に始めやすいですよ!

サブコンテンツ

このページの先頭へ