妊活と不妊改善

お手軽な妊活で、
不妊改善と妊娠を!

タバコの害と、不妊の危険性について!

タバコと不妊

タバコの喫煙は、昔から「百害あって、一利なし」と言われています。これは確かにその通りで、タバコは男女ともに関係なく不妊の原因になるだけでなく、気管支炎や肺がんも発症しやすくなり、あなたの健康まで害する恐れがあります。

また、タバコには約4,000種類もの化学物質が含まれており、喫煙することで、この化学物質が体内に入り込んできます。また、妊娠している場合には、お腹の中にいる赤ちゃんにまで悪影響を及ぼしますよ。

女性が喫煙すると、不妊になりやすい?

女性の喫煙では、卵巣からの女性ホルモンの分泌能力を低下させる危険性があります。また、喫煙期間が長ければ、その期間に応じて卵巣もダメージを受けるので、卵子の老化や生殖機能の低下だけでなく、閉経が早まる場合がありますよ。

また、タバコに含まれる多くの有害物質は、様々な器官に悪影響を与えるので、不妊だけでなく流産や子宮外妊娠のリスクも同様に高まってきます。

● 不妊だけでなく、赤ちゃんにも悪影響が!?

妊娠後も喫煙を続けると、お腹の赤ちゃんにまで悪影響を与えます。妊娠後の喫煙は、早産・流産を招きやすく、タバコを吸う家族がいると、乳幼児突然死症候群の発生率も高まると言われています。また、無事に出産しても、将来、その赤ちゃんが成人したときに、不妊症になる確率が高くなるとも言われています。

男性は喫煙しても、不妊にならない?

男性の場合は、はっきりと自覚できる症状があまり無いので、喫煙しても関係ないと思うかもしれませんね。しかし、煙草の有害物質の魔の手は、男性の不妊症にも、しっかりと伸びていますよ!

男性への悪影響は、まず、精子に現れます。たとえば、喫煙者と非喫煙者を比べると、喫煙者の精子数は10~20%ほど少なく、精子の頭が無いなど奇形精子も生まれやすいです。また、無事に妊娠しても、子宮内で胎児の異常発育が起こることもあり、流産や先天奇形の確立も上がってきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ